読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3.22

送別会をしてくれた、6時から11時までしゃべり通した。


お財布には1000円しか入ってなかった。

優しい人たちなのでそれを言わなくても全部ご馳走してくれた。

財布を出す素振りをみせたときは緊張したが助かった。


こういう人生を生きている。


チェーンの居酒屋のご飯は美味しいとも言えなかったし何を食べたか記憶にも残らない、けど優しい人たちと話せてよかった。


シェアした食事ばかりで飲み足りないし食べ足りなくてもらったクッキーを貪っている、みっともない。