3.03

文字の大きさが変なのはなんでなんだ。

あの後紙の月とジェーンエアをみた。電話かかってきた。
電話嫌いなんだけど一度許したらかかってくる、マジでやめて。

みんなが思っててもやらないギリギリのところを、ふとさせてしまうきっかけというのはどこにも転がっていて、魔が差した、というのはいつでも起こりうることでそれをどれだけコントロールしていけるのか、そのギリギリのところを自分だって誰だっていつもわたっているんだよな。
誰にでも起こりうることだ。そしてふと手を出した経験は誰だってきっとある。その規模の大小は様々にせよ。
なんの罰も受けて欲しくはなかったけど、そこから逃げ切ったラストは腑に落ちないものがあった。

理不尽で不当な扱いを受けても許し、受け入れ正しい信念を貫いて生きていく、若く才能がある聖人君子でめでたしめでたしのジェーンエアにはなれない。
その目からは今にも涙がこぼれそうだ。小さい時白黒の映画でみたジェーンエアはもっと美しかった。


敬愛するタイガーマスクはこんな時どうする、とか、矢吹丈はポッキーなんか食べない、とか、私淑する人物に添って自分を律する哲学がほしい。
こんなときどうするのが最善なのか、もし彼女ならどういう行いをするか、そうして自分を正しく導く信仰がほしい。
それが信仰であり宗教を学ぶことで哲学を学ぶことなのだろうけどわたしには自分を律する哲学がなにもない。


食べ物が小麦粉とおからとカレールウしかなくて最悪な食事をとる。
でも部屋も出たくないしお金を使いたくないのでこれでいい。
それがいけない。


本が一冊届いた。これから読む、山田和の続きがよみたい。

大学の同級生から連絡があり、10月に集まるという、そんな先の話あるかよバカかよ、と思ったら月末の間違いだと再度連絡がきた。断れる日程で心底よかった。
ずいぶん先の日程で不快な予定を入れておかなければならないというのは最低の嫌がらせになるなとおもった。

メールを返信して生理がきた。